先日プルーンのジャムを作った私は既にジャムの達人気分でした。

今度は今まで見るだけにしていたグロゼイユ(シロスグリ)に挑戦しました。

BlogPaint

ちょっとアップにしますとこんな感じです。

BlogPaint

隣のおばあちゃんは赤スグリを植えられていて、フランボワーズ、イチゴ、カシスと合わせてフルイルージュ(赤い果物)のジャムを作られます。

ケーキの飾りに使われているのは赤スグリが多いですが、パティシエ(菓子職人)によると白スグリの方がお値段的に高いのだそうです。

赤スグリは酸味が強く、白スグリは若干甘みがあるとウイキペディアに書いてありますが、うちの庭の白スグリはいつ食べてもえぐみがあって敬遠していたのですが、この間、食べてみたら甘みを感じたのでジャムにしようと思いました。

既にジャムの達人気分の私は、白スグリに今度は多めに砂糖をふりかけ、プルーンジャムの要領で作りました。
そして冷めないうちにビンに移しました。(少しは進歩したとほくそ笑む私)

さて、白スグリジャムの出来上がりです。

BlogPaint

あっれ~、やけにプルンプルンしてるなぁ~、ゼリーみたいと思いました。
食べてみるとなんだか種がごろごろして歯にぴったりとはまり込んできます。

ここでやっとインターネットで調べてみますと。。。

「ペクチンが多いのでゆるめに作ると丁度良い固さになるでしょう。固いとゼリーのようになります。」
裏ごしをしましょう。」

BlogPaint


人気ブログランキングへ読んだよ~っと可愛いお化けの上をクリックしてね。

スポンサーリンク