この3週間の世界情勢を鑑み、4月15日(月)マクロン大統領は7月26日(金)のオリンピック開幕式はセーヌ川沿いではない可能性も話しました。

パリオリンピック開幕式は競技場の外で行われ、1万人を超える選手達がセーヌ川を東のオステルリッツ橋から西のイエナ橋(エッフェル塔)まで(約6キロ)国ごとの船に乗ってパレードするという史上初の試みです(選手の船94艘・警護の船86
艘)



開会式の一週間前にはテロを警戒してSILT(シルト)と呼ばれる立ち入り制限地区が設定されセキュリティ境界線が敷かれ、当日は4万5千人の警察官を配置、32万人の観客がセーヌ川沿いに集う予定です(関連記事↓)。



オリンピック開幕まで100日をきった4月15日(月)BFMTV(フランスのニュース専門局)とRMC(フランス・モナコの民間ラジオ局)のゲストとして招かれたマクロン大統領は「私達は式典を可能な限り美しくしたいと考えています。フランスの最も美しい顔を見せたいのです。首都を流れる川沿いの開幕式は世界初のものです」と話し「私達はそれを望んでいますし、それが出来ると思っていますし実現させましょう」と話しました。

しかしながら「テロの脅威」の前に、開幕式の「代替案」も用意ししてると述べました。

後ろ姿 1

代替案の一つはセーヌ川という広い範囲ではなく「トロカデロ(エッフェル塔周辺)に限定すること」、また二つ目の案は「スタット・ド・フランス(サン・ドニ県にある多目的スタジアム)」で行う事です(まっ、これが普通ですわよね)。

マクロン大統領はセーヌ川沿いの開幕式を望み「オリンピック前には
SILT(シルト)を敷きますし、親が子供にテロの脅威の場所がないところを求めるなら、それこそがSILT(シルト)内です」と話しました。

後ろ姿 2

一方で代替案の準備も並行して進め世界情勢をリアルタイムで分析してオリンピック開幕式に臨むということです。


幻の洋梨タルト 「5個入り」or「10個入り」or「15個入り」 新潟老舗菓子店 百花園【ル・レクチェ/お菓子/幻の洋梨を使ったタルト/フルーツタルト/ルレクチェ/ケーキ】【お土産/手土産/プレゼント/ギフトに!贈り物】【送料無料】
うひょひょ💓

人気ブログランキング
人気ブログランキングオリンピック大丈夫?

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村今日もありがとございます!💓
皆さんどう思われます?最終的にトロカデロ限定かなぁ。なんか前に読んだファンタジーノベルであった選ばれた人だけの地区が出来る様な気がします(笑)。うちの旦那なんか今日のニュースを見て「わはは、代替案だって。そうだと思った」と言っておりました。セーヌ川を選手たちが船に乗って入場なんて素敵だなと思いましたが、このどんどん酷くなる世界情勢の中、実現は無理ですか?。

スポンサーリンク