土曜日の夜はいつものレストランに行ってきました。

BlogPaint

テラス席で先ずは食前酒(私はコーラ)で乾杯して、食前酒のお供は

BlogPaint

キュウリの冷製スープにマグレ・ド・カナール(鴨の胸肉)が浮かんだものでした。この頃は冷たいスープが喉に心地よく、時折吹く風も気持ち良かったです。

BlogPaint

旦那の前菜はパクチーとレモンでマリネされたサバとナスのクリーム、パプリカ添えです。パプリカの色が無かったら微妙な感じの色合いですね。すっごく美味しかったそうです(私が作る食事にもそう言え~)。

BlogPaint

私は大きな更にポツンと浮かぶ目玉焼き..........じゃなくて、

BlogPaint

Oeuf parfaitが、そうですねー、専門用語で何というか知りませんが「温泉卵」みたいな感じでしょうか?周りはパルメザンチーズのエスプーマ(ムースの様な泡状のもの)でパンチェッタ(豚のバラ肉)のグリル添えです。実は私泡状の物が苦手で(エスプーマってそうだったのね)とちょっぴり後悔しました。卵の下にはパンケーキの様な物があって少し甘めでパンチェッタの塩味と合って美味しかったです。

BlogPaint

旦那のメインはぶれずに「タルタルステーキ」です。私は週末のメニューから、

BlogPaint

Brochette de rumsteak, frites, salade(ランプステーキの串焼き、フライドポテトとサラダ)です。フランスに来た頃は脂身が多い肉が好きでしたが、23年経ち、たまに
(たまに?)松坂牛とか食べたいなぁと思うんですが、最近は脂肪分が少ないお肉の方が好きになってきました。ただ、よく焼いてしまうと凄く固くなるのでミディアムくらいが好みなんですが、この時焼き具合を聞かれた私はうっかりとウエルダンで頼んでしまい、固かったです。

BlogPaint

実はもう一つ失敗したのはお肉のソースです。私が選んだのはベアルネーズソース(béarnaise)なんですが、ベアルネーズソースはバター、エストラゴン、エシャロット、卵黄、セルフィーユ、酢で作られており、私はエストラゴンが嫌いだったのです。もう一つのソースはマルシャンソースと言われるもので赤ワイン、エシャロット、バター、ブイヨン等を45分程煮込んだソースで、私はこちらの方が好みだったのに旦那が「君にはワインのソースは無理だよ」というのを信じてしまいました。煮込んであったら大丈夫だったのに~。

BlogPaint

この頃には風が強くなりテラスのお客さんがひざ掛けを頼んだりしていましたが、私はこの時になってカーディガンを家に忘れてきたことに気づきました。

出かける予定だった息子が家で食べることになり、急遽カルボナーラスパゲッティを作り、バタバタと2階にカーディガンを取りに行き、一旦椅子の背に置いて靴を履きに行ったら忘れてしまいました。

メインを食べ終わる頃には(寒い~)と凍え始めたのですが、デザートはこちら。

BlogPaint

(凍えてまえ~)とアイスクリーム。正式にはVacherin revisité, sorbet cerise de coulis de fruits rouges ヴァシュラン、サクランボのアイスクリーム、赤い果実のソースです。

震えながら頂きましたが、食べられなかったのが「メレンゲ」。旦那が「上手く説明できないけど、すっごい美味しいお菓子だよ」と言うので頼みましたが、出てきた瞬間(これか~)とテンションが下がりました。

BlogPaint

カルメ焼きやんね~。私メレンゲ嫌い~

あぁ、今日はどうしたことでしょう。怒涛の選択間違いだわと思いました。しかも彼がコーヒーを飲む頃には南極大陸にいるような感覚で(コーヒーは家で飲め~)と思っておりました。

フランスは日中と夜の寒暖差が激しいです。帰りの車にヒーターをかけたかったです。

人気ブログランキングへクジラの上をクリックして応援して下さればとっても嬉しいです♪息子はシェフが代わってからこのレストランには行きたがりません。私のカルボナーラスパゲッティの方が美味しいんですってよ~。オーホッホ。皆さん、メレンゲはお好き?食器洗いのタイミングのアンケート引き続き楽しく読ませて頂いております。皆さん、どうもありがとうございます!初めてコメント下さった方々も嬉しかったです♡