「システムキッチンにしたいな その1」より続きます(続きもん好きやなぁ)。

さて失楽園にいるおじさんとおばさんの続報です。私達はアクリル板に仕切られた面会室で

BlogPaint

「奥さん、取っ手はどれにしますか?」
「安い方で」
「奥さん、シンクは深いのが1つか、大きいのと小さいのが2つある方がいいか、クラッシックに同じ大きさのシンクが2つある方が.....」
「安い方で」
「電子レンジは.....」
「現行のものを使います」
「洗濯機は......」
「現行のものを使います」

という色っぽい会話をしておりました。

BlogPaint

彼が「ここにこれを、あそこにあれを.....」と進めていく中、私は(予算を最初に聞け~)と思っておりました。

素晴らしい図面を見せられた後に「あれもこれも」と削られては残念感しか残らなくなってしまいます。

BlogPaint

「あの~、予算は〇〇なんですが.........」と言うと、
「心配なさらないで下さい。削りようがありますから。例えばこの棚が入った家具ですが、家具だけ設置して予算が出来た時にあとから引き出しをつけることが可能です

(いや、ちょっと待てや~。箱だけの家具は要らんよ

BlogPaint

それでもおかまいなしに進めていく彼。

コンロの説明にはフライパンを持ち出してきましたが、中には蜘蛛が一匹入っておりまして、彼が、
「昔は4口が普通でしたが、今は主に3口が流通しています。4つ同時に使用されますか?フライパンをこうして置いたらフライパン同士がぶつかってしまいますよね?」

と説明してくれていましたが、私はフライパンが揺れる度に中で横滑りする蜘蛛が気になっておりました。

BlogPaint

足が2本取れており(いつからここにいるのかな)と思っていたところ蜘蛛は動きまして(おっ、生きてた!)とその様子に心を奪われている不真面目な生徒に気づいた先生は(あれ、失楽園はどこ?)、「こんなところに蜘蛛が...........」と蜘蛛を手でピヤァ~と払いのけました。

BlogPaint

そんなこんなで話は終盤に入りまして「おや、これは何を置いているんですか?」と写真の家具を指さしました。「猫の器とご飯を置いているんです。5匹もいますので」と言うと、「わかりました。ではこれを入れて隠して置ける素敵なミニテーブルも用意しましょう」と言い、

BlogPaint

「うちも猫を1匹飼っているんですよ。外からガレージへの出入りは自由で、ガレージから家に入りたい時はミャァオ(おじさんの猫なで声を脳内プレイして下さい)と鳴くんですよ」と言いました。

BlogPaint

(おぉ、これはセールストークだな。犬好きの客ならここは「ワンッ」に変わるに違いない)と思いました。

BlogPaint

そして
図面が出来るのは1週間後ということで店を後にしました。

人気ブログランキングへツバメの上をクリックして応援して下さればミネット家の床が抜けるくらい踊ります♪明日は別のキッチンショールームのお話でございます。今度は美しく若いお姉ちゃんアドヴァイザーですよ(o^―^o)ニコ。