我が家の台所は他人様に見せれないくらいシンプルで使い勝手の悪いものです。

しかしながら玄関を入って直ぐにダイニングルーム兼キッチンなので隠すこともできません。

BlogPaint

先日、(もしかしてこのコロナ騒動で大幅値引きがあるかも)と話だけでも聞いて来ようと思い立ちキッチンのショールーム巡りをしました。

BlogPaint

3か所に予約を取って、先ずは1カ所目は50代とおぼしき男性専任アドヴァイザーでした。

旦那とは色々意見が合わないので、取りあえず息子に寸法を測ってもらい、部屋の写真を数枚持って1人で行ってきました。

BlogPaint

アドヴァイザーのデスクには透明仕切りアクリル板がありまして、下のところにA4の紙が通るくらいの横幅で高さは10センチくらいの穴があけてありました。

透明仕切りアクリル板はかなり丈夫で分厚くて更にマスクをしているので、中年の男女の会話はお互い何を言っているか聞こえなーい。

BlogPaint

2人でアクリル板に近寄って顔を寄せ合い話す姿は刑務所の面会..........。
(いや、実際は知らんよ)

BlogPaint

彼は私の持って行った写真類をコピーしたと言うのに、結局は同じ紙を指して説明する為、小さなアクリル板の穴を通して時々触れ合う手と手...........。

「あぁ、ごめんなさい」「おぉ、すみません」と触れ合った手を引っ込める私達。

BlogPaint

真っ昼間から失楽園?予約制なので他に誰もいないしシステムキッチン群に囲まれた秘密の空間(しかもショールームは暗い)?

BlogPaint

まぁ、結局は座ったままで話など出来るわけがなく、彼が「コンロは........」「シンクは.........」と立ち上がる度について行き、横と横でピッタリとくっついて説明を聞き、それが済むと、再び刑務所の面会姿に戻るということを繰り返しました。

BlogPaint

これって何かのコントなんですかね?

BlogPaint

続きます(甘い展開にはなりませんよ( ̄ー ̄)ニヤリ)。

人気ブログランキングへツバメの上をクリックして応援して下さればとっても嬉しいです♪あっアドヴァイザーの姿がイメージできませんか?えっと背は低めでぽっちゃりで頭が少し寂しくなっていて.......えっ、もういい?いやーん、クリックだけして行ってね~(o^―^o)ニコ。