火曜日はプールに行きました。

プールのロッカーは1ユーロ玉(120円)を入れて使用しますが、ロッカーを開けた時に戻ってくるシステムです。

BlogPaint

という事で私が行くプールでは「うっかりする人」は1ユーロを無くし、「ラッキーな人」は忘れられた1ユーロを手に入れることが出来ます。

フランスですので拾ったお金を事務所に届けることはしません。Fちゃんも私も密かに今までに2ユーロ(240円)ずつ儲けています(2人ともケチなので絶対に自分は忘れない)。

BlogPaint

話は戻りまして火曜日、水中サーキットトレーニングコースが終わり個室に着替えに入ろうとすると、少し先の個室の前で60代ぐらいの服を着替え終わった女性が立っていました。

BlogPaint

彼女は閉まっている個室に向かって「開けて!私1ユーロを椅子の上に置き忘れたの!」と言っていました。

しかしながら個室からは何の応答もありませんでした。

BlogPaint

彼女は引き続き「誰かいるんでしょう。開けて!1ユーロ忘れたから開けて!」と頼み込んでいました。足の部分が開いているので誰かが中にいるのはわかります。

私は個室に入り(どうするんだろう)と着替えながら耳を澄ませていました。

BlogPaint

やがて声が聞こえなくなったので彼女が諦めたのかと思っていたら、少し経ってからドアが開く音と同時に、

「全く気が付きませんでしたよ」と
男の人の声が聞こえました。

BlogPaint

私はそれを聞いて、彼は個室の中で(着替えているんだから出てくるまで少しは待てよ!)と思っていたのか(ちっ、戻って来やがった)と思ったのかどっちだろうと思いました。

そして彼女が諦めていなくなったと思ったらドアの横に立っていたのだとしたら、さぞかし驚いただろうなと思いました。

BlogPaint

でも万が一私が1ユーロを忘れたら諦めるだろうな~。彼女凄いな~。

人気ブログランキングへおサルさんの上をクリックして応援して下さるととっても嬉しいです♪