一昨日からの記事に続きます。

今回の彼ら旅の一番の目的は砂丘を走ることです。

BlogPaint

砂丘を走れるのは砂に湿気がある午前中だけだそうです。

BlogPaint

砂漠に入ってからはモハメッドさんという専属ガイドと一緒に4日間行動したそうです。モハメッドさんは、この地域ではとても有名な人でアラビア語、ベルベル語、英語、フランス語、ドイツ語を話し、地元のタクシー会社からも車の先導を頼まれるほどの人だそうです。

BlogPaint

トヨタ ランドクルーザーや日産パトロールと違い、彼らの乗るプジョー205は、モハメッドさんが言う、「ここを通って。」という場所をほんの少しでもずれたら、

BlogPaint

こういうことになるそうです。あっ、そうそう、グリップを良くするため走行前にタイヤの空気圧を「えっ、ここまで~?!」というくらい下げるそうです。ベコンベコン状態なんですって。

BlogPaint

息子が砂丘を走るテクニックとやらを熱く語ってくれましたが、私には(なんのことだかさっぱり......。)なので割愛しましょう。(* ̄∇ ̄*)エヘヘ

BlogPaint

砂にはまったのは息子が一番少なくて合計2回だったそうですが、みんな砂丘走行が楽しくて仕方がなかったそうです。

BlogPaint

砂の流れや状態を読んでくれる経験豊かなガイドさん頼りの砂丘走行ではありますが、
彼らの車では、本当のドライビングテクニックが必要ですね。

BlogPaint

昔、パリを出発してセネガルのダカールまでアフリカ大陸を走破するパリ ダカールラリーモーターレースが行われていた時、ここの砂丘もレースに使われたそうです。(どこに道があるんだか......。)

BlogPaint

明日も続きますよ~。

人気ブログランキングへ鯉のぼりの上をクリックして応援してくださったらとっても嬉しいです♪

スポンサーリンク