猫を5匹と暮らしていてなんですが私は喘息もちでして、今回は風邪の治りがけの喘息がことのほか辛かったのです。

うちの旦那は普段料理をしてくれますが、それは自分の為というよりも家族を喜ばせたいからなので、私が食べなかったら彼も簡単に済ませます。

勝手に自分が食べたい料理を作って一人で食べてくれまいかと思うのですがそうはいきません。

BlogPaint

ここでは「おにぎり食べたいな。」と思っても、コンビニがあるわけではないので、お米を洗ってご飯を炊くことからしないといけません。しかしながら、お米を洗っていたら旦那に(おやおや彼女は元気じゃないか。)と思われるわけで、何もしたくないのなら大人しく彼が作る料理を食べないといけません。

熱がある中、鶏の足をかぶりたいわけでは決してなく、頭の中は手に入るはずもない「豆腐」「厚揚げ」「ヒロース」がくるくる回ります。

BlogPaint

我が家は息子が食後の洗い物係なのですが、息子がいない今回、洗い物がどっさり出ているのを見て、一回お茶碗を洗ってくれるだけでも私は彼に感謝するのになと思いました。

夜に咳が出て眠れなく、お昼間にやっとうつらうつらしている時に起こされて「薬もらってきてあげるよ。処方箋と健康保険証出して。」と言われた時は思わず「私の事は放っておいて。」と言ってしまいました。

BlogPaint

身体が辛い時はちょっとした冗談も喧嘩の原因になります。

私はデザートに牛乳寒天をよく作るのですが、旦那が「おやおや、今日は牛乳寒天がないのかい?」と言ったことにカチンときて、「私がこんなにもしんどいのにデザートを作れって言うの~!」と爆発してしまいました。

ところがご飯が終わり夜寝る前に冷蔵庫を開けたらケーキの箱があるのに気が付きました。恐らく、「牛乳寒天がないのかい?ほらそうだと思って、僕がケーキを買ってきてあげたよ。」と続くのだったのだと思います。

BlogPaint

彼の思いやりは私が欲しかった思いやりとは違っていたけれど、「ケーキを見たら喜ぶかな?元気になるかな?」という彼なりの精いっぱいの気持ちだったのでしょう。

ケーキを食べたい状態では全然無かったのですが、次の日のお昼に「美味しいね。」と言って二人で食べました。

人気ブログランキングへ四つ葉のクローバーの上をクリックして応援してくださったらとっても嬉しいです♪