一か月前、涙のお別れをした友人たちと笑って再会し、久しぶりに歩くモントリオールの町は楽しくて仕方がありませんでした。

その時初めて、「この町の人達が話す言葉が分かるようになりたい。そうだ、フランス語を勉強しよう。」と思いました。(いつも唐突です。。。)

BlogPaint

8月はYMCAが難民を対象に行っていた無料のフランス語講座に参加しました。そして9月からはマックギル大学のフランス語の語学コースに入りました。

マックギル大学の語学コースのクラスメートの国籍は、アメリカ、イギリス、カナダ、スペイン、メキシコ、ドミニカ共和国、コスタリカで、英語圏の人達が4人もいたことに驚きました。

BlogPaint

私たちの基礎コースは、本当に基礎でしたので、先生も英語で説明してくれるような状態で、休み時間はクラスメート同士英語で会話をしていました。私が望んでいた「英語圏のネイティブと話す。」という環境は意外なところでかなったのでした。。。

BlogPaint

私が特に仲良くなったのは、イギリス人とスペイン人で、授業が終わった後も休日も一緒に過ごし、レンタカーを借りてあちこち旅行したりしました。お陰で、フランス語の語学コースが終わる頃には、フランス語ではなく、英語が話せるようになっていました。

BlogPaint

というわけで、長くなりましたが、私がフランス語を始めたのはこんな理由で、カナダのモントリオール市だったのです。フランス語自体は話せるようになるには、帰国後に京都日仏会館に通ったり、もう一度モントリオール市に渡ったり、添乗の仕事でフランス語を使ったり、旦那と結婚してからで、実に長い長~い年月がかかっております。。。(フランス語と相性が悪いのかもよ。。。うふふ。)

BlogPaint

では、明日からはまた普通のお話しです。お付き合い頂きありがとうございました。

人気ブログランキングへ星空の上をクリックして応援してくださったらとっても嬉しいです♪

スポンサーリンク