ソワレが要らないフランス暮らし

フランスに行くのならソワレ(イブニングドレス)が必要? いえいえ、ここは長靴がいるんですよ。。。ぼーっとしたフランス人の旦那と倍速で動く息子と可愛いにゃんこ達との日常。

2020年10月

二度目のロックダウンで思う事

二度目のロックダウンに入ったフランスです。

ハロウィン 1

フランス全土のロックダウンが決定した時は気分が落ちましたが、昨日外出して見ると周囲の雰囲気は一度目の時の悲壮感も不安感も無く、ロックダウン前とあまり変わらない光景が繰り広げられていました。

ハロウィン 2

勿論ロックダウンの影響を受けている人達の心境は全く違うでしょうが、人が動き社会が動いている息吹を感じます。

そして「このロックダウンは本当に必要なのか」と考えている人が少なくないという事も以前と違います。

ハロウィン 3

実は全国的なロックダウンが発表される数日前に、私が住む町の老人ホーム(家から徒歩15分)でクラスターが起こりました。

ハロウィン 4

10月20日、入居者の内2人が
Covid19症状を訴え1人が22日に死亡され、入居者と職員にコロナテストが行われたところ、54人の入居者と職員15人、合計69人に陽性反応が出ました。

ハロウィン 8

でも地方ニュースが出た27日の時点で重篤な症状の患者はいなかったのです。勿論死者も出ていません。

これはどういう事なのでしょう?

ハロウィン 5

今、重症化している人達とどういう背景の違いがあるのでしょう?テレビで報道される状況と目の前の状況が一致せず首を傾げる人が多いのです。確かに周囲に陽性者が多くなっているのは確かなのですが、テストによって検出された無症状感染者です。

今週末2週間のヴァカンスが終わり、都心部に住むリモートワークの人達、大学生達の地方への移動が完了、11月2日から学校が始まります。

ハロウィン 6

政府は皆がクリスマス休暇を楽しめるように今のロックダウンが必要だと話していますが、家族最大イベントのクリスマスを終えたあと3度目のロックダウンが待ち受けているだけのような気がします。

最初に言っていたように皆が気をつけながらウィルスと共存するしか道はないのではないでしょうか。うちの町の老人ホームでも大丈夫なんですよ。

ハロウィン 7

政府と国民の間に温度差があるような気がするのです。


人気ブログランキングへ木の上をクリックして応援して下さればとっても嬉しいです♪
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村へも面倒くさいでしょうが頼みますねぇ_(._.)_。コロナで亡くなられる方もおられますし、科学評議会が安易な発言が出来ないこともわかります。医療関係者の疲弊も考えないといけません。もしかして私が感染者が少ない(と言ってもレッドゾーンでした)ところで暮らしているからこんな風に思うのでしょうか?都会にいるとまた違った感じ方をするのかもしれません。

フランス外出禁止令・企業経済援助について

「2度目のロックダウン(外出禁止令)詳細」より続きます(画像はTF1よりお借りしています)

本日は「経済支援措置」について少し書いておきます。
政府は今回の支援に150億ユーロ(1兆8328億円)用意しています。

IMG_5043

※今回の外出禁止令により完全に営業が出来ない従業員が50人以下の会社・商店に月額1万ユーロ(120万円)の支給及び社会保険料の支払いの全額免除

※営業をしていても売り上げが従来の50%以下になっている従業員が50人以下のセクター(文化、観光、イベント、スポーツ)に関しても月額
1万ユーロ(120万円)の支給及び社会保険料の支払いの全額免除

IMG_5044

※その他の売り上げが従来の50%以下になっている従業員が50人以下の会社にも月額1500ユーロ(18万円)の支給

IMG_5046

(60万企業が受けている)政府保証付き融資 
返済開始時期を1年延長して2022年春からとする

政府保証付き融資を受けることが出来る期限を2021年6月30日まで延長

IMG_5048

※企業への家賃支援
10月から12月までの家賃の内1ヵ月でも放棄した貸主に対して

IMG_5047

放棄した家賃額の30%に相当する額の税金控除を認めるというものです。

IMG_5051

さて、営業が可能な店と不可能な店の不公平として取りざたされていたのは「本の販売」です。「本屋」は営業不可ですが、「fnac(フナック・小売りチェーン店)」ではコンピューター関連の物(販売可能店)と一緒に「本」が販売されています。

本屋連盟の申し出により、
fnac(フナック・小売りチェーン店)等での本の販売が禁じられました。

また「玩具」についても、「玩具店」が営業不可で、スーパーで玩具が販売されているのは不公平だという事で話し合いが行われています。

IMG_5039

外出禁止令が敷かれる日の夜、町は多くの人で賑わい、一部外出禁止令反対のデモも行われました。また、都心部から地方へ脱出する車の列が700キロに渡ったそうです。

IMG_5052

トゥーサン(万聖節)のヴァカンスから自宅に戻る場合の地方間移動は今週末まで認められており、また、都心部で学校に通う大学生たちの帰省も今週末までです。

IMG_5049

2度目の外出禁止令という事もあって、大きな混乱は見られず、皆忘れずに「移動証明書 Attestation de déplacement」を持参しています。

政府が用意したコロナ接触感染アプリ「TousAntiCovid」のダウンロード者は現在600万人で、以前のアプリのダウンロード者の2倍ですが、まだ全体の12%です(60%にならないと意味をなしません)。

IMG_5053

ところで子供たちが学校に行く時には「移動証明書」は不必要ですが、「学校の連絡帳」や「学生証」を携帯するようにとのことです。


人気ブログランキングへ木の上をクリックして応援して下さればとっても嬉しいです♪
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村へも宜しくお願い致します_(._.)__(._.)__(._.)_企業への援助はこの他にも色々あります。それでもこの外出禁止令を乗り越えられないところも出てくるでしょうね。。。今日の午後は食料品の買い出しにスーパーに行ってきましたが、今回の外出禁止令は全体的に皆落ち着いた雰囲気です。えーっと、今からコメント返信いたしますが、力尽きた場合は明日返信させて頂きます。ごめんなさいねー。

ラストデイ、都会に行く

本日から外出禁止令下のフランスです。

今回は周囲に踊らされず心穏やかにラストデイを過ごそうと思っていた私のもとに(えっ、大袈裟?)、仕事が休みだった息子が「僕、レンヌのマツダに行くけど、ママ、中華食材店に連れてってあげるよ」と言いました。

とかい 1

(モヤシ、チンゲン菜、豆腐、嬉しいわ。お米はあるしお野菜だけ買ってこよう)と都会に向けて車を走らせました。

とかい 2

息子が部品を探した後、朝早くからスーパーへと続く大渋滞を横目に

とかい 3

中華食材店に到着しました。

とかい 7

週末でもないのに激混み。

とかい 4

お野菜だけと思って来たのに

とかい 8

お米も買ってしまいました(見事な集団心理)。

とかい 5

陳列棚にブルターニュ地方コンカルノー市の工場で作っている鰹節を発見!

とかい 6

絶対に美味しいでしょうが、私には手が出ない値段。いつかお金持ち(いつ?)になったら買う事にしましょう。

お野菜の値段が普段より高いような気がしましたが、カートにお野菜や冷凍薄切り肉、冷凍餃子、冷凍から揚げ、冷凍納豆、冷凍焼き鳥(これこれ酷い手抜き主婦ですよ)、春巻き等々入れて気が付くとお買い物カートはいっぱいでした。

いつも買う豆腐が無くて、お客さんを突き飛ばしながら陳列棚に豆腐を箱から出して並べているアジア系のお姉さんに「一番安い豆腐が無いんですけれどありませんか?」と聞くと、「あぁ、あの日本の豆腐ね、あれは会社が潰れたのよ。だからうちは代わりにこれを入れたのよ」と韓国の豆腐を指しました。

とかい 11

少し高いけれど食べてみるしかないですね。さて結局たくさん買い物をしたわけですが、冬眠に備えて、

とかい 10

こちらも買いました。タイ製でございます。息子に「これは食べたらやめられない悪魔の食べ物なの」と諭し(彼は食べない)、普段は最大3袋にしているものですが、

とかい 9

12袋の大人買い!でも、ほら、一袋が15gだし~。あー、都会は怖いなぁ~。

これで一カ月、家にこもる準備が出来ましたよ(o^―^o)ニコ。

人気ブログランキングへ木の上をクリックして応援して下さればとっても嬉しいです♪
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村へもあなたの愛のクリックを頼んまっさー。かっぱえびせん美味しいですよね。でもなぜに「はなみ」?日本の花見にかっぱえびせんは食べませんけど、何か意味があるのでしょうかね?都会の絵の具にすっかり染まった私でございます(ご存知?( ̄ー ̄)ニヤリ)。

2度目のロックダウン(外出禁止令)詳細

「カリカチュアの波紋?フランス、テロ警戒レベル最大へ」より続きます(画像はFrance3、TF1よりお借りしています)。

10月29日(木)カステックス首相とその他の大臣より今回のロックダウンについての詳細が発表されました。重複することは省きます。マクロン大統領の28日の演説はこちら(リッチリンクをクリックして下さい)です。


Attestation de déplacement(移動証明書)(クリックでサイトに飛びます
移動には「通常の移動証明書」に前回同様「職場からの勤務証明書」が必要となります。そして今回新しいのは
「学校の送迎証明書」です。お子様の送迎時に必ず携帯して下さい。Attestation de déplacementのスマホ版はコロナ接触感染アプリTousAntiCovidからでも可能です。

IMG_4975

※違反者への罰金は135ユーロ(16,200円)

IMG_4977

15日以内に2度目の違反があった場合、200ユーロ(24,000円)、30日以内に3度目の違反は3750ユーロ(45万円)と禁固6か月の可能性があります。

IMG_4974

※散歩、ジョギング等の軽い運動、ペットの散歩は自宅から1キロ以内1時間以内です。
※今回の外出禁止令下は学校、公共役場、郵便局、銀行、保険会社が開いています。

IMG_4994

※営業が許可されるところ
スーパー、マルシェ、食べ物関係の商店、クリーニング、自動車の修理工場及び部品販売店、眼鏡屋、薬局、タバコや雑誌販売店、レンタカー屋、ホームセンター、コンピューター関連のお店、ガソリンスタンド、ホテル

IMG_4996

※営業が許可されないところ

IMG_4998

レストラン、バー、食べ物以外の商店、美容院、本屋、洋品店、美容関係のお店、装飾品のお店等

IMG_5000

※レストラン、バーのテイクアウト、デリバリーは可
顧客を迎えての営業が出来ない店は電話等の受付で商品の店頭受け渡しは可(移動理由OK)、自動車販売店も予約を入れての車の引き取りは可

IMG_4968

※トゥーサン(万聖節)のお墓参り(11月1日)まで花屋の営業、お墓参り、セレモニーも状況に応じて可。

IMG_5004

※遊園地、スペクタクル、映画館、テーマパーク、美術館の閉鎖

IMG_5005

※見本市、展示会、サロンの閉鎖
※ジム、体育館、プール、スポーツ施設の閉鎖、屋内外のスポーツの禁止(ジョギングはOK)。子供たちも同様に禁止

IMG_4984

※学校でのマスク
6歳からマスクの義務付け。経済的理由でマスクが買えない子供、マスクを忘れた場合は学校が支給

IMG_4987

※リモートワークの推奨。リモートワークが不可の場合は時差出勤の推奨。

IMG_4981

※市役所での婚姻の参加者は6名まで可、お葬式は30人まで可、宗教的儀式は不可

全ての質問は0 800 130 000まで。

人気ブログランキングへ木の上をクリックして応援して下さればとっても嬉しいです♪
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村へも「げっ、面倒くせぇ」と言いながらクリックして下さいませ(o^―^o)ニコ。これからの季節、クリスマスの買い物があるのですが、玩具店等は営業が出来ずスーパーが得をするのではないかということで、電話やネットでの注文、店頭引き取りが可能になりましたが、それでも店の中で選べないのでは競争が難しいでしょうね。学校の先生が早速「6歳からマスクなんて絶対に無理!」と反対していますよ。私はコロナ接触アプリをスマホに入れるのが嫌でしたので、普通に証明書をダウンロードしました。忘れない様にしないと罰金だ~!また旦那が忘れない様に気をつける日々の始まりです。げげげっ。

カリカチュアの波紋?フランス、テロ警戒レベル最大へ

「フランス全土で再びロックダウン」より続きます(画像はTF1よりお借りしています)。

10月29日朝9時頃フランス南東部ニース市の教会でテロ事件が発生しました。

IMG_4969

被害者は3人、教会内で女性(70代)が喉をかき切られ首を切り落とされそうな状態で死亡、男性(30日で55歳・教会の鍵の開閉を担当)がナイフによる致命的な傷を負い死亡、教会から逃げて向かいのカフェに飛び込んだ女性(30代)が数分後に死亡しました。

IMG_4956

容疑者は21歳のチュニジア人、10月始めにイタリアのランペドゥーザ島からやって来た男性で確保時に抵抗し重傷を負いました。逮捕時に「アッラーフ アクバル(アッラーフは偉大である)」と何度も叫んでいたそうです。

IMG_4955

容疑者が教会に侵入した時間帯には礼拝が行われておりませんでしたが、朝の8時から鍵は開いており誰でも礼拝できる状態であったそうです。

また同日11時半頃、南東部リヨン市でも中心街のトラム・ペラーシュ駅近くで男性が刃渡り30センチのナイフを振り回し、警察に確保されています。男性は26歳のアフガニスタン人で伝統的な衣装を着ていたとのことです。

IMG_4957

一時報道があった南東部アヴィニョン市で11時15分頃刃物を振り回していた男性は精神病院の通院歴があり、警察がフラッシュボールで対応しましたが抵抗された為、射殺されました(テロとは関係がないと思われます)。

そして同日サウジアラビアのフランス総領事館で警備員が襲われ負傷しました。容疑者は確保されています。

サウジアラビアはフランスのムハンマドを風刺したカリカチュアを非難しています。

フランスは本日テロの警戒レベルを最大に引き上げました。

人気ブログランキングへ木の上をクリックして応援して下さればとっても嬉しいです♪
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村へもなにとぞクリック頼みます_(._.)_。何と言えばよいのか、カリカチュアを使用して行った授業の波紋は大きいですね。
Twitter プロフィール
フランスの雨が多いブルターニュ地方に住んでいます。ボーっとしたフランス人の旦那と倍速で動く息子と猫5匹、畑のど真ん中からつぶやきます。
プロフィール

ミネット

記事検索
ギャラリー
  • 4月12日より55歳以上の希望者にワクチン接種開始
  • 4月12日より55歳以上の希望者にワクチン接種開始
  • 4月12日より55歳以上の希望者にワクチン接種開始
  • 4月12日より55歳以上の希望者にワクチン接種開始
  • 4月12日より55歳以上の希望者にワクチン接種開始
  • 4月12日より55歳以上の希望者にワクチン接種開始
  • 旦那の妹の話の続き
  • 旦那の妹の話の続き
  • 旦那の妹の話の続き
読者登録
LINE読者登録QRコード
メッセージ

名前
メール
本文
  • ライブドアブログ