ソワレが要らないフランス暮らし

フランスに行くのならソワレ(イブニングドレス)が必要? いえいえ、ここは長靴がいるんですよ。。。ぼーっとしたフランス人の旦那と倍速で動く息子と可愛いにゃんこ達との日常。

2020年03月

親愛なる日本の皆様へ

現在フランスはCOVID19の感染者がピークに向かって爆発的に増えている状況です。でもこんな状態になるまでそれほど時間はかかりませんでした。

僭越ながら自分のブログを振り返って紹介させて頂きたいと思います。まずは1月31日武漢に向けて武漢に滞在されている方々を迎えに行ったニュースです。



後にこの時にフランス人を迎えに行った空軍の基地があったオワーズ県で集団感染が起こりました。まずそこで2月25日に最初の死者。



2月26日この時はまだフランス中で行われていたカーニバルが中止になり不満をもらす人たちが多くいました。人々は「サッカーの試合が行われるのにカーニバルが中止になるのか」という公平か不公平という話をしていました。



この時イタリアでは爆発的にCOVID19の感染者が出ていましたがフランス人は全くの対岸の火事でした。



そしてオワーズ県を封鎖。

3月1日死者はまだ3人。イタリア旅行に行かれた人からじわりじわりと感染が始まる一方、北部では狂気の沙汰のカーニバルが開かれていました。



そして3月4日東部で開かれた宗教の集会が引き金になり感染者が増えていきます。(でもこの時点で東部の感染者は24人)



3月6日この宗教の集会がフランス全土に感染者を散りばめ感染者423人、死者7人となりました。



3月9日フランスはイタリアがとった封鎖措置を批判。あくまで感染者を治療する方針でフランスには医療体制が整い十分な集中治療室が存在すると強調。

3月9日1000人以上の集会を禁止。感染者1412人、死者25人。

3月10日政府は「フランスは年間600万人がインフルエンザに感染し、8100人が亡くなっています。インフルエンザに比べればCOVID19は33人しか亡くなっていません」とのこと。



3月13日、ドイツがフランスとの国境を封鎖しましたが、フランスは国境を封鎖しないと話し、100人以上の集会を禁止。



3月14日最高警戒レベルに上がり、レストラン・カフェ等が閉鎖。感染者4500人、死者91人。



3月16日マクロン大統領より17日からの外出禁止令が言い渡されました。同時に国境の封鎖。



3月24日感染者は22,300人、死者1100人。外出禁止令を軽く考える人が多くルールが益々厳しくなっていきました。



3月27日外出禁止期間が4月15日まで延長。コロナウイルス検査を実施することを発表。フランス東部の医療崩壊。感染者32,964人、死者1995人。

そして3月30日イル・ド・フランス(パリ地域圏)で医療現場が危機を迎えている状態。感染者44,550人(内重篤な症状の患者は5107人)、死者3024人です。

2月25日の最初の死者から3月30日までの死者3024人まで約1ヵ月です。3月14日までは91人でした。2週間強の間に死者が33倍になったのです。

しかもこの数字は病院の統計で家や老人ホームで亡くなった人の数はカウントされていません。


これで言えることは集団感染が起こってしまったら医療崩壊するということです。少しずつの人数が感染して治療していくことは可能ですが、一箇所で多数の患者が同時期に発生してしまった場合は無理です。

感染のスピードを弱めるには人の動きを止めるしかありません。

同じ様なことが日本で起こって欲しくありません。今は対岸の火事というより現在ヨーロッパで起こっていることが宇宙の片隅で起こっているように感じられると思います。

私達も中国やイタリアで起こっていた時には自分たちの国がそうなるとは微塵も思っておりませんでした。

政府の判断を待たず、皆が少しずつ外出を控えることで感染のスピードが落とせます。

無症状感染者が自分でも知らずに菌をばらまいて大切な人を感染させてしまうかもしれません。

「私が自粛して外出しないのに、あの人は外出をして不公平だ」とかそんな考えをせず、自分のほんの少しの我慢が感染を広げない大事な役割を担っているのだと思って下さい。

生意気でごめんなさい。でも私の大切な人達が住む日本が同じ状況には絶対になってほしくありません。皆さんどうかお気をつけて!

人気ブログランキングへ四つ葉のクローバーの上をクリックして応援して下さればとっても嬉しいです!でもインフルエンザの死者8100人までいっていないところがすごい。。。

フランス 色々な側面

「フランス 力を合わせて」より続きます。
(画像はFrance3、TF1よりお借りしています)

IMG_8819

3月30日(月)もフランス東部ストラスブールから6人の患者が、ドイツ、スイスの病院へと搬送されました(ご協力頂き感謝です)。
(フランス東部は919人が死亡、現在入院患者は3950人、重篤な症状の患者が844人)

IMG_8780

フランスのCOVID19感染者数は44,550人(内重篤な症状の患者は5107人)、死者3024人です。24時間以内に418人亡くなったことになります。現在21,000人が入院していますが、その内の34%は60歳以下で、64人が30歳以下です。また回復者の数は7,924人です。

IMG_8812

一方今一番感染者が爆発的に増えているのはイル・ド・フランス(パリ地域圏)です。954人が亡くなり597人が新しく入院、現在入院患者は7689人です。

各病院がベッド数、人工呼吸器数の不足を訴えています。今の状態は回復の見込みが薄い人より可能性がある人に人工呼吸器を優先的に使用している状態だとのことです。

IMG_8779

東部同様、感染者が少ない地方に患者の搬送を行い始めましたが、イル・ド・フランス(パリ地域圏)の医師は更なる搬送を他国にも呼びかけるようにと訴えており、感染者のピークは今週だと予想しています。

IMG_8813

30日中国より待望のマスク800万枚が到着、

IMG_8771

盗難を避けるため警察のエスコートで各地の中継所に送られ、病院関係者や薬局に配達されます。

IMG_8785

さて大型スーパー、カルフールではレジの女性アイシャさん(52歳)がCOVID19に感染して亡くなったのを受け、南部プロヴァンス地方で組合が「安全性が確立されていない」と30日の午前中ストライキを行いました。

IMG_8803

また郵便局でも「従業員の安全性が確立されていない」と全体の6%しか開いていない状態です。配達に関しては週に3度、水、木、金曜日だそうです(でもうちの地域は週に1度くらいです)。

IMG_8801

ところでこの度自分たちの身を犠牲にして仕事をされている看護師さん達ですが、市民から思わぬ手紙をもらった人達がいます。

IMG_8830

「あなた看護師ですよね。感染するリスクが高いんだからここに車を停めないでください」というメモや、

IMG_8832

「あなたの仕事は私たちの安全を脅かします。アパートの入り口のドアを触らないようにして下さい」という手紙や、

IMG_8833

「コロナウイルスが終息するまでこの町から出て行ってください。終わったら帰って来ても構いません」という手紙まであります。最後の手紙に関してはその町の市長さんが責任を持って手紙の差出人を探すそうです。

IMG_8828

夜の20時に窓から感謝の意を表して拍手する人達もいますが、実際自分たちの側に看護師さんがいればこういう態度に出る人もいるということでしょうか。本当に情けない話です。

また別の訪問看護師さんは車の窓ガラスを割られ、中からマスクと除菌ジェルを盗まれました。高額で販売する目的でしょうか?それとも自分で使用する為でしょうか?危険を顧みず一所懸命に仕事をされている彼らに対して本当に失礼な行為です。

IMG_8822

最後にCOVID19の治療薬として注目されているクロロキンですが、心臓に持病がある人には注意が必要で、服用中に病院に搬送された人達もいますので注意喚起がされました。

人気ブログランキングへロールケーキの上をクリックして応援して下さればとっても嬉しいです♪スーパーのレジも大変だとは思うのですが、それならマルシェを開ける方がいいんじゃないかと思います。彼等は働きたがっていますし、農家の方が収穫した野菜や果物を売る場所が必要です。多分今日の夜のニュースでマルシェについて見直されるという事を言っていました。

タガが外れる

いやぁ~タイトルだけで中身がわかりますでしょう?

BlogPaint

私達が行くパン屋さんにお菓子が無くなったので「お菓子は生活に絶対に必要な物じゃないんだ」と思っておりましたのに、

BlogPaint

土曜日に町のパン屋さんに行ったらケーキがあるじゃありませんか!

BlogPaint

おまけにね、そこには以前ケーキを買おうかどうしようか迷った私に「人生は一度しかないのよ」と背中を押してくれた(そそのかした?)店員さんがいて、(因みに他の名言は「食べたい時がその時よ」

BlogPaint

「こんな時にこそ気分を盛り上げないとね」と言ってくれて、

BlogPaint

「そうですよねー!」と買ってまいりました(ちょろい客?)。
あ~、おいしゅうございました♡。ところで日曜日は、

BlogPaint

と風が吹き荒れる寒い一日で、(改築が済んだばかりのカササギさんの巣を心配しましたわ)

BlogPaint

とクッキーちゃんが布団に逆戻りでした。でもやっぱりどこか暖かいのか、

BlogPaint

と、クールダウンしておりました
そして日曜日、土曜日に買ったイチゴで、

BlogPaint

タルトを作りましたのよ。ほら、テレビで「イチゴ買って~」って農家の方がおっしゃってたから.............。協力しないとね!

人気ブログランキングへロールケーキの上をクリックして応援して下さればとっても嬉しいです♪これでいいのか、私?あっタルト生地は以前コメントで教えて頂いたので買いましたのよ。イチゴの下はカスタードクリームです。うふ、うふ。

フランス力を合わせて

「フランス厳しい日々の始まり」より続きます。(画像はFrance3、TF1よりお借りしています)

IMG_8732

3月29日(日)フランス東部からの重篤な症状の患者の搬送が引き続き行われました。

IMG_8734

TGV(フランスの新幹線)で36人がポワチエ、ボルドー、バイヨンヌへ、

IMG_8698

またスイスも手を差し伸べてくれ、ドイツも軍隊がストラスブールの患者を自国エッセンへ搬送してくれました。

IMG_8707

イル・ド・フランス(パリ地域圏)では政治家のパトリック・ドヴジャン(オー・ド・セーヌの県議員75歳)がCOVID19で亡くなりました。彼は私がパリ郊外に住んでいた時の市長さんで、サルコジ前大統領の内閣下で働いておられました。

IMG_8712

26日には回復したと思われたのですが28日容態が急変しました。

IMG_8699

ところで毎日発表される感染者数と死者数ですが、これは病院での集計だけで、老人ホームや家で亡くなった方の数は入っておりません。

IMG_8686

北東部のヴォージュの老人ホームでは21人、東部ブザンソンでは15人が亡くなるなどホーム内での感染が止まりません。

外部からの面会を禁止していますが、更なる処置として入居者同士の接触を避け、散歩や食堂での食事等を禁止、個室待機となってきております。

IMG_8710

老人ホームの中では職員が外部との接触を避けるため、家に戻らず泊まり込みで働いているところもあります。

IMG_8736

フランスの死者は24時間で292人増えました。

IMG_8737

COVID19感染者は40,174人(内重篤な症状の患者は4592人)、死者は2606人、致死率6.92%です。そして回復した人が7132人です。

IMG_8738

同様に外出禁止令が出ているイタリアでは感染者の数が3月10日には23%増えていたのが、28日には7%増になっています。

IMG_8739

スペインでは3月13日に43%増えていたのが28日には17%増です。

IMG_8665

フランスは今感染者が増える厳しい時期ですが、確実に外出禁止措置が功を奏していきますので皆さん家から出ないようにしましょうとの事です。

IMG_8661

医師で元保健省のディレクター、ウィリアム・ダブ(William Dab)氏によると現在フランスでは200万人が既に感染している可能性があり、最終的に感染者は1000万人から1500万人になるだろうとの事です。

人気ブログランキングへロールケーキの上をクリックして応援して下さればとっても嬉しいです♪老人ホームでは10万人が亡くなると予想している人もいます。。。

今年の夏時間(サマータイム)の始まり

3月29日(日)夏時間に変わりました~!(冬時間になった時の記事はこちら

例年ですと夏時間廃止論が展開されるのですが今年はひっそりと夏時間に変わりました。

BlogPaint

因みに前日の28日の日の出は6時51分、日の入りが19時30分でしたが、29日の日の出は7時49分、日の入りが20時32分となりました。

いつまでも明るくてこれから良い季節なのですが、今年は気の重いことです。

BlogPaint

こんな事になる前、私が属するジム(体操教室)で活動費を稼ぐためにチョコレートを販売しました。パック(イースター・復活祭)に向けた鶏やウサギの形をしたチョコレートを販売してリベートをもらうシステムです。

BlogPaint

先日注文したチョコレートが届いたので注文して下さった方へ届けました。私の担当はソフトジムのおばあちゃま2件でしたので「こんな時ですが伺っても構いませんか?」と電話してから配達してきました。

その時最初に電話をしたCさん宅でご主人が出られたのですが「私〇〇と申しますが、コレットさんおられますか?」と聞いた途端「ノン!(いいえ)」と言われ切られてしまいました。

BlogPaint

呆然としましたが、ひるんではおられませんので5分後に(もう一回トライ!)と電話したところコレットさんが出てくれました。

「ごめんなさいねー。あなただったのね。主人ったらセールスの電話だと思って切っちゃったの」と言われました。

BlogPaint

そしてチョコレートを持っていくと(本当はこんな外出動機は認められませんよね?)、玄関でおじいちゃんが待っておられて「ごめんね、ごめんね」と謝って下さいました。

コレットさんが家から出てきて下さったので門扉越しにチョコレートを渡し「元気ですか?」と話していると、おじいちゃんが「入って」と言って下さいました。

「今は出来ないんですよ.....」と言うと「なんてことだ。でも君、これで私たちの家はわかっただろう?今度は絶対に遊びに来てね」と言って下さいました。

BlogPaint

今年のパック(復活祭)は4月12日です。本来は庭に卵のチョコレートを隠して子供たちが探す楽しい日です。

4月15日まで外出が出来ないので買って下さったチョコレートはいつお孫さんの手に渡るのかなと思いながら帰路につきました。

BlogPaint

どうかキリスト様が復活されたように、大きな犠牲を払った(いえ、まだ現在進行形ですね)国々が復活します様に。

サマータイムを楽しめるようになります様に。

人気ブログランキングへロールケーキの上をクリックして応援して下さればとっても嬉しいです♪我が家もチョコレートを頼みました。旦那用のサクランボのリキュール入りチョコですよ。なんだかんだチョコレートを食べる機会が多いフランスです。
Twitter プロフィール
フランスの雨が多いブルターニュ地方に住んでいます。ボーっとしたフランス人の旦那と倍速で動く息子と猫5匹、畑のど真ん中からつぶやきます。
プロフィール

ミネット

記事検索
ギャラリー
  • ブログ更新しました~。
  • ブログ更新しました~。
  • 今年の薪は夫婦で 後編
  • 今年の薪は夫婦で 後編
  • 今年の薪は夫婦で 後編
  • 今年の薪は夫婦で 後編
  • 今年の薪は夫婦で 後編
  • 今年の薪は夫婦で 後編
  • 今年の薪は夫婦で 後編
読者登録
LINE読者登録QRコード
メッセージ

名前
メール
本文
  • ライブドアブログ