ソワレが要らないフランス暮らし

フランスに行くのならソワレ(イブニングドレス)が必要? いえいえ、ここは長靴がいるんですよ。。。ぼーっとしたフランス人の旦那と倍速で動く息子と可愛いにゃんこ達との日常。

2019年02月

ヤシの実どうやって食べるん?

スーパーでnoix de coco ノア ド ココ(ココナッツ/ヤシの実)が1.20ユーロ(156円)で売っていたので、(息子が好きだから)と深く考えずに買いました。

BlogPaint

振ると中からチャプチャプと可愛い音がしました。
そして予備知識なしに包丁でキコキコ。。。ところが、

BlogPaint

ここでやっとインターネット検索して旦那と二人で「ヤシの実(種?)の割り方」のビデオを見ました。←最初から見ろよ~。

BlogPaint

ナイフの先を突き刺せば簡単に穴が開きます。(これは鉄壁の要塞の弱点を見つけたようでちょっと面白い)。2か所くらい開けて、

BlogPaint

ココナッツウオーターが出てきました。旦那がこれを「ココナッツミルクだ!」と言ったので甘いのかと思って飲んだら、ちょっと脂っぽい水という感じでした。因みにこれはココナッツミルクではありません。。。カリウム、カルシウム、マグネシウム等が含まれていて「天然のスポーツドリンク」と言われている
ココナッツウオーターだそうです。

では、いよいよ(旦那が)割ります。ヤシの実を回しながら包丁の背で叩きます。

BlogPaint

これが一番楽しい作業かもしれません(この役は二人で取り合った)。数度叩くと、あら不思議、

BlogPaint

と真っ二つに
綺麗に割れました。実はここからが大変でした。この白い胚乳部分が内果皮(シェル)と中果皮(ハスク)にしっかりとくっついていて全く取れないんです。柔らかな甘い実をスプーンですくって食べることを想像していたのですが、見事に裏切られました。で、ナイフとスプーンを駆使して(旦那が←やりたがり)取り出すとこんな感じになりました。

BlogPaint

これを細かくすりおろして甘みをつけてお菓子作りに
使用するって~???
うっわぁ~、すぐにこのまま食べれないなんてくじけるわ~。
しかもこの状態からどうやってすりおろすんでしょうか?

一応食べて見たんですけれど、全く味はありません。 (゚∀゚)アヒャヒャ
食感だけはグシグシ、パサパサしておりました。

これからココナッツミルクも作れるようですが、あぁ、それも面倒臭そう。。。(絞るほど柔らかくはないんです)。

どなたか簡単で美味しく食べれるレシピ教えてくださーい(只今冷蔵庫で休んでおります)!!

そうそう、
中果皮(ハスク)ですが、

BlogPaint

ブルターニュ地方では豚の事を「捨てる部位が無い」と言いますが、ヤシの実は「捨てる部分が無い」と言われているそうです。飼料とか肥料、食器(?)、民芸品とか書いてありますが、(おっ、そうだ)、

BlogPaint

昨日プールに行ったんですが、スイムカップが右からと左からの脱出を試み、危うく水に浮かぶところでした。何しろ実体が無いのでそんな状態になっていてもわからないんです(えらいこっちゃ)。これなら。。。

BlogPaint

ほら、時々トップがカルデラ湖状態になっている時もあるじゃないですか(誰に聞いてる)?これなら。。。

BlogPaint

難点は左右の大きさが微妙に(えっ微妙?)に違う事ですよね。それに大きい方はカルデラ湖っぽいし。。。改善する点がありますね~( ̄ー ̄)ニヤリッ。

では、皆さん、レシピ教えて下さいね。あっ
中果皮(ハスク)の有効利用の仕方も聞いちゃおうかなぁ~(* ´艸`)クスクス。

人気ブログランキングへ桜の上をクリックして応援して下さったらとっても嬉しいです♪

マントンのレモン祭り

昨日の記事「カーニバルの季節」の続きです。
(写真は全てTF1、France 3からお借りしています。)

IMG_7789

こちらもプロヴァンス アルプ コートダジュール地域にありますイタリアと国境を接する町、マントン市で1928年から開催されています「レモン祭り」です。

IMG_7787

マントン市はニースから30km、モナコからは10km、
後ろに山が迫った丘に築かれた「フランスの真珠」といわれる美しい町で、その温暖な気候を活かして町では15世紀からレモンの栽培が行われていました。

IMG_7766

1800年代には街の斜面には8万本のレモンの木が植えられていたそうです。しかしながら19世紀には港の欠如、1956年の寒波の影響、また地形的に大型の農機具を導入できないことから
レモン産業は衰退していきました。

IMG_7747

現在、町では再びレモン産業を復活させるべく試行錯誤がなされ、手摘みによる高品質のレモンが出荷されています。マントンのレモンは適度な酸味の柔らかな味で、強い芳香を放ち、保存に優れているそうです。

IMG_7792

現在開催されているレモン祭りは今年で86回目を迎え、130トンものレモンとオレンジを中心とした柑橘類で飾られた山車、庭園を見ることができます。

IMG_7754

今年のテーマは「Des Mondes Fantastiques ファンタスティックワールド/幻想的な世界」、期間は2月16日から3月3日までです。

IMG_7751

準備には最後の5日間で200人もの人が投入されました。

IMG_7794

お祭りは大きく分けて、期間中の日曜日ごとのパレード、夜の光の庭園、木曜日ごとの夜の光のパレードになります。

IMG_7801

同時に蘭の見本市も開催されているそうです。

IMG_7744

私、こちらも仕事でニースに滞在している時に見たことがあるのですが、鮮やかな色のレモンとオレンジで飾られた巨大なオブジェに圧倒されました。この時期はニースのカーニバルと二つ一緒に楽しめるからいいですね。

観客動員数は20万人とニースのカーニバルに比べると少ないんですがインスタ映えとやらを(((´∀`))ケラケラすると思います。←よく知らないおばさんよ。

IMG_7752

マントンがフランス領になったのは1861年のことです。町はイタリアとの国境の町らしく、街並みがイタリアに似ています。

この記事を書いている時に(なんだか匂いまでしてきた)と思いましたら、旦那がソファーでクレモンティーヌ(ミカン)を食べていましたよ。(* ̄∇ ̄*)エヘヘ。
クレモンティーヌのシーズンはもう終わりなのか先週スーパーにはありませんでした。春が近いんですかねぇ~♪

期間中は傷んだレモンやミカンの交換作業が常時行われているそうなんですが、お祭りが終わった後はどうするのかな~と気になりました。まさか投げる。。。いやいや取り外して持って帰る?

人気ブログランキングへ桜の上をクリックして応援して下さったらとっても嬉しいです♪

カーニバルの季節

只今フランスは冬のヴァカンスシーズンなんですが、スキーを楽しむ人達がいる一方、この季節は各地でカーニバルが行われ、多くの人が春の訪れを楽しむ時期でもあります。

有名なのは1873年から行われているニース市のカーニバルで、ヨーロッパ三大祭りの一つとなっています。(画像は全てTF1からお借りしています。)

IMG_7588

今年の日程は2月16日から3月2日まで、テーマは「シネマの王様」。毎年テーマが変わり100万人以上の観客を動員するそうです。

IMG_7525

この写真は期間中3度行われるイベントの内の一つ「La bataille de fleurs」で、「
La bataille」が「争い」と言う意味なので日本語訳されているのを見ると「花合戦」となっているようですが、山車に生けられた花が沿道の人達に投げられます。それを皆が争って取ります。(((( ;゚д゚)))。

IMG_7523

私も添乗員時代に一度この時期にあたり、沿道の最前列におりましたが1本も取ることができませんでした。皆必至で怖いですよ。。。取る人は花束になるくらい取っています。

IMG_7531

花はニース市の近郊で調達され、前日に約3000本が山車に生けられます。

IMG_7533

ユリは「長持ちさせる為」と「洋服を汚さない為」にオシベ、メシベが外されます。

IMG_7537

お花を投げる人たちもメーキャップをしてスタンバイです。

IMG_7539

こちらは今年のカーニバルの女王です。手にしているのはミモザですね。

IMG_7550

次の「花合戦」は今週の水曜日、最終は「土曜日」だそうです。さて、カーニバルはニースだけではありません。

IMG_7557

こちらも同じくプロヴァンス アルプ コートダジュール地域にあります町、Bormes Les Mimosas(ボルム レ ミモザ)市でも2月24日カーニバルが行われ、
15基の山車がミモザを中心とした8万本の花で飾られました。

IMG_7570

準備は10月から始まり花はパレードの前日の土曜日に用意され、ミモザに関しては土曜日の朝に摘まれたものが使用されました。
パレードが始まる14時半に合わせた飾りつけが終わるのは日曜日の朝4時なんだそうです。こちらの花はパレード終了後に観客が抜きとって持ち帰れます。

この日のニュースで最後に紹介されていたのは春の訪れをお祝いするお祭りなんですが、少し変わったお祭りでした。

IMG_7571

スペインと国境を接するPlats de Mollo la Preste(プラ ド モロ ラ プレスト)市は標高が高く、春になると山の熊が冬眠から覚めることから「熊のお祭り」が行われます。下の写真の方は熊の役をされております。(^∀^)

IMG_7574

「熊」「理髪師」「猟師」のグループに分かれた古くから伝わる寸劇が繰り広げられるのですが、この「熊」役の方が観客の顔に炭を塗って歩くんです。

IMG_7576

嬉しそうでしょう?炭を塗られた人はどの人も笑顔なんです。
こういったお祭りもいいですね(* ´艸`)クスクス。

人気ブログランキングへ桜の上をクリックして応援して下さったらとっても嬉しいです♪

あれ、もしかして

さて、お天気が良い日が続いておりまして、

BlogPaint

旦那は草を刈ったり(これは土曜日の写真、日曜日は禁止なの)、庭の手入れに精を出したりして、

BlogPaint

息子は中庭の砂利の敷き直しをしたりと活躍しておりました。
私はカメラ片手にヨーロッパヤマウズラさん達の姿を探し、

BlogPaint

又もやお引越しをして後ろの畑にいるところを発見しました。

BlogPaint

これは日曜日の12時20分。←おい、お昼ご飯はどうなった?
こちら↓ こちら↓ 
(*`艸´)ウシシシ。

BlogPaint

旦那がバーベキューをして、お昼ご飯の後、私は再びカメラ片手に、

BlogPaint

ヨーロッパコマドリの囀りを聞いておりました。( ゚ ρ ゚ )ボー。
そして「あっ、あの子たちは?」と畑を見渡して、

BlogPaint

いました、いました。今の私は狩猟犬以上の優秀さで彼らを見つけられるんじゃないでしょうか。時刻は15時08分。

BlogPaint

えっ、また移動してる? という事は金曜日から彼らがしていたことは、
「ただの日向ぼっこ~???」

BlogPaint

いえね、孵化まで21日も全力でお守りする自信は無かったんですけどね、ちょっとウズラがわちゃわちゃ~と生まれてヨチヨチ歩く姿も見てみたかったのでちょっぴり残念ですよ。なんだ、おバカップルじゃなかったんだー(*^▽^*)。

BlogPaint

でも前に見た時は5羽だったのに他の子たちはどこに行ったのでしょうね。この週末はお天気も良かったから狩猟者達が狩猟を楽しんだことでしょう。マクロン大統領がフランスの伝統的遺産である狩猟を守るために、ライセンス料を従来の400ユーロ(5万2千円)から半額の200ユーロ(2万6千円)にしちゃったんですよねー。

130万人の狩猟者達からの選挙投票数稼ぎとしか思えないんですけど。

BlogPaint

田舎を散歩していると鉄砲の乾いた音が良く聞こえてくるんですけど(家の庭にいても聞こえます)、その度にこちらも驚いてあまりいい気はしません。昨シーズン(2017-2018)は狩猟者同士の誤射での死亡者が6名、一般人の死亡が3名、一般人の怪我は7名、狩猟者の怪我は21名だそうです。

えっ、危険なのはウズラさんだけじゃない?(゚∀゚)アヒャヒャ

では、ウズラさん、狩猟シーズンは2月28日までですから、あと少し油断しないで逃げのびてね。

人気ブログランキングへハートの上をクリックして応援してくださったらとっても嬉しいです♪

そこにあるんか?

土曜日も引き続きお天気が良く、金曜日に開きかけていた水仙も、

BlogPaint

見事に開いておりました。さて朝一番に確認したのは、

BlogPaint

いやぁ~ん、やっぱりいたー あれ、でも...........

BlogPaint

移動している? (つд⊂)ゴシゴシ ちょっと聞いて見よう。

BlogPaint

あっ皆さん、勿論ちゃんと大地真央さん風に読んで下さいね(* ´艸`)クスクス。

BlogPaint

それにしてもなんで移動したんでしょうね?

BlogPaint

さぁ、皆さんご一緒に、「あんた、そこに卵はあるんか?」

BlogPaint

黒ちゃん、しぃー!! でもねー、ヨーロッパヤマウズラさん、卵の孵化には21日から26日かかるんですよね。「本当にそこでええんか?」Σ( ̄ロ ̄|||)

人気ブログランキングへハートの上をクリックして応援してくださったらとっても嬉しいです♪
Twitter プロフィール
フランスの雨が多いブルターニュ地方に住んでいます。ボーっとしたフランス人の旦那と倍速で動く息子と猫5匹、畑のど真ん中からつぶやきます。
プロフィール

ミネット

記事検索
ギャラリー
  • ブログ更新しました~。
  • ブログ更新しました~。
  • 今年の薪は夫婦で 後編
  • 今年の薪は夫婦で 後編
  • 今年の薪は夫婦で 後編
  • 今年の薪は夫婦で 後編
  • 今年の薪は夫婦で 後編
  • 今年の薪は夫婦で 後編
  • 今年の薪は夫婦で 後編
読者登録
LINE読者登録QRコード
メッセージ

名前
メール
本文
  • ライブドアブログ