ソワレが要らないフランス暮らし

フランスに行くのならソワレ(イブニングドレス)が必要? いえいえ、ここは長靴がいるんですよ。。。ぼーっとしたフランス人の旦那と倍速で動く息子と可愛いにゃんこ達との日常。

2016年11月

ぜっちゃんは15歳なんかじゃない!

おばあちゃんの主治医と話があるとかで今朝は娘さんを病院に連れて行きました。

(おばあちゃんの話は置いておいて。。。)娘さんの話によると、ゼビュロン君は、ご飯が食べられるようになったものの依然として立ち上がることができないそうです。

お医者さんが、この猫は15歳の猫の状態のようですね。」と言ったそうです。

BlogPaint

心筋梗塞を起こしたか、脳に異常があるかもしれないそうです。

野良猫の寿命が5歳ならゼビュロン君は4歳なのでそうなのかもしれません。怪我をしても一度も病院に連れて行ってもらったことはなく、いつからなのか片足をひいて歩いています。おじいちゃんのご飯を温めに行っていた時は、お水をかえたりしていましたがご飯の器には得たいのしれない骨が入れてあったりしました。ご飯にアリがいっぱいたかっていたこともありました。

BlogPaint

「あなたの猫達はいつも病院に行っているわね~。うちの子は病院には行かないけれどとっても元気だわよ。」と言われたことが何度もありますが、ゼビュロン君の状態が酷い時にはおばあちゃんには言わずこっそりと抗生物質をあげていました。

BlogPaint

おばあちゃんは猫が大好きですが、増えたら困るからということでいつもオス猫しか飼っていません。今までの猫が2年もしないうちにいなくなるというのでゼビュロン君の時は、行動範囲が狭くなるようにとおばあちゃんの友達がお金をだして去勢しました。

お二人はお金が無いわけではないのですが、「猫にお金を使う。」という頭がありません。

BlogPaint

ウサギの骨は砕けやすく、人間でも骨がつきささり亡くなる事故がよくあります。おばあちゃんは元気な時にウサギ一匹買ってよくパテを作っていましたが、最後骨をそのままゼビュロン君にあげていました。

今回のゼビュロン君の話を聞いた旦那が「また変な物でも食べさせて喉に骨でもひっかかっているんじゃないか?」と言っていましたが事態はもっと深刻なようです。

BlogPaint

娘さんは土曜日には帰ってしまうのですが、おじいちゃんが立てないゼビュロン君の世話するとは思えません。おばあちゃんの退院は10日後だそうです。

ゼビュロン君が立てるようになるか明日まで病院で様子を見るそうです。

BlogPaint

がんばれっ、ぜっちゃん!あなたはまだ4歳なんだよ。


人気ブログランキングへ木の上をクリックして応援して下さいね♪

ぜっちゃん、がんばって。

お隣のおじいちゃん家に一番上の娘さんがやってこられました。

おばあちゃんの入院を聞いたのが休暇中パリにいる時だったそうで到着が早かったです。(休暇なのに最初からこちらに来るつもりがなかったのか~とも思いましたけれどもね。)

ホッとしていたところ今朝うちに娘さんが来られました。
「猫が死にそうなんだけど獣医さんどこかしら?」と言われました。

BlogPaint

ゼビュロン君がご飯も食べず鳴き続け、今日は椅子から転げ落ちてオシッコが床に飛び散ったそうです。どうやら一週間も前から具合が悪かったのだそうです。

おじいちゃんは「こいつはもう年だから仕方ないんだ。」と言って病院に連れて行く気はさらさら無いそうです。でもおじいちゃんこそ90歳だけどゼビュロン君はまだ4歳です。

BlogPaint

「うちの親の世代はペットを病院に連れて行くことはしないからね、でもかわいそうでこれ以上見てられないから。」と言われました。

キャリーを貸してあげて獣医さんに行ったゼビュロン君ですが、血液検査をして詳しく調べることになりました。病院から帰った娘さんに、

「余計なことをするな!お金はいっさい払わないからな!」とおじいちゃんは怒ったそうです。娘さんはあんなにかわいがっているのにその気持ちが理解できないと言っておられました。

今回の血液検査の費用は娘さんもちだそうですが、明日の結果次第で手術や入院が必要な場合は安楽死させるそうです。

BlogPaint

それを聞いて、なんだか今までおじいちゃんやおばあちゃんのお世話をしてきた事が腹立たしくなりました。

ゼビュロン君は飼われているといっても家の中で眠れるのはほんのわずかな時間で、夜は外に出されます。子猫の時は見かねて天気が悪い日は我が家にこっそり入れていました。

日曜日に夕食に招待したのが6時30分でしたが、おじいちゃんは既に6時前には家に来てしまったので、具合の悪いゼビュロン君が早くに外に出されたのかと思うと知らなかったとはいえ招待したことを後悔しました。

中々来られない遠くの娘さんが今回来たことはゼビュロン君が自分で引き寄せた運かもしれません。 だとしたら元気になってくれるのかもしれませんよね!!

とにかく、

BlogPaint

人気ブログランキングへ木の上をクリックして応援お願いします♪

Aligot(アリゴ)を食べましょう。

旦那に夕食を作ってもらいました。

Aligot(アリゴ)と言うオーブラック(Aubrac)地方の郷土料理で、ジャガイモのピュレみたいなものです。我が家ではソーセージと一緒に頂きます。

土曜日のお昼にフロマージュ(チーズ)を買いにスーパーに行きました。

BlogPaint

BlogPaint

BlogPaint

お目当てのカンタルチーズはこちら。

BlogPaint

「アリゴを4人分(息子は2人分食べるので)作りたいのでカンタルチーズ下さい。」と言うと、
「一人あたり50gなので200gですね。」と切ってくれました。

BlogPaint

そしてゆでて潰したじゃがいもに、バター、刻んだニンニク、生クリームと一緒にカンタルチーズを入れて出来上がり。簡単そうでしょう?でもね、私が作りたくないわけがあるのです。

実は混ぜるのが大変なのです。

BlogPaint

混ぜるのに力がいるんですよね。。。

BlogPaint

お湯につけて温めました。盛り付けは息子。

BlogPaint

おいしかったですよ~(^_^)ニコニコ
えっ?カロリー?明日は明日の風が吹く~♪ららら~♪

BlogPaint


人気ブログランキングへモンブランの上をクリックして応援して下さったら嬉しいです♪

田舎のロト

私達は息子が中学の2年目が終わって3年目(日本では中学2年生)に入る時にブルターニュに引越してきました。

子供が大きいと中々地域に馴染む機会がないので私は町のジム(体操教室)に通うことにしました。町と提携してボランティアが運営する団体です。

そして2年目に入った時にビューローと言われる運営委員会の新旧交代があり、Cちゃんの陰謀によりビューローに入ることになりました。

3歳から5歳、6歳から10歳の体操教室、11歳から54歳(なんて幅広い。。。)のジム、55歳からのシニアコースを運営するのですがインストラクター以外ビューローは無報酬です。

町からの援助費、参加者の年会費だけでは足りないので、年間の活動費を生み出すために一年に一度ロトというものを開催します。

ロトは活動費を稼ぐ手段として他の団体も行うので、夏休みの間を除いてほぼ年中どこかしらの町で週末になると開催されています。

私達は先週の土曜日夜に行いました。

BlogPaint

用意した景品はスーパーの商品券で、合計1980ユーロ(23万5千円くらい)です。昔は液晶テレビ、ゲーム機、家電だったそうですが今はどこも商品券になっています。商品券の他に、住んでいる町のお店に協力してもらい、ピザ一枚無料券、お花1500円分無料券、ケーキ1500円分無料券。。。等の商品を出してもらいます。

BlogPaint

ロトとはビンゴゲームのようなものです。

BlogPaint

横に一列そろった場合、二列そろった場合、三列とも全部そろった場合に商品をもらえます。

お客さんは入り口で自分のお気に入りの番号があるカードを探して受付に持ってこられます。毎年私の仕事は受付でお金を受け取ってカードの番号を控える係りです。
土曜日は340人の入場者でした。飲み物やケーキ(自分達で作ります。)も売るので昨年の純利益は2200ユーロ(約26万円)でした。

アニメーターと言われる人に進行を頼むのですが、費用は450ユーロ(約5万4千円)ほどです。このアニメーター自身にファンがついていて、彼が連れてくるお客さんが200人くらいいます。

BlogPaint

みんな真剣そのもので、アニメーターの声以外は何も聞こえません。家族でクーラーボックスを持ち込んでサンドイッチを食べながらしている人たちもいます。誰かがそろうたびに「チッ!」という声があちこちから聞こえます。

夕方の6時に開場、8時開始、2度の休憩とカードの再販売を挟み終了するのは夜中の0時30分です。白熱する大人の傍らに子供達が疲れて床のあちこちに転がっていました。

おもしろいのがこちら。

BlogPaint

BlogPaint

進行が早いので、これは大変便利な道具です。よく見てみると殆どの人が持っていました。ため息とともに紙の上にこの道具を滑らせていました。

フランスはパチンコ屋さんもないですし、田舎にはゲームセンターもありません。家族全員で週末を楽しめるならこんな娯楽もいいと思うのですが、実は何だかみんな楽しそうには見えなくて真剣すぎてまるで何かに憑かれているかのように見えました。

BlogPaint

最後の500ユーロが出て、お客さんが退場した後は机や椅子を片付け掃除をし、家に帰ったのは夜中の1時30分でした。疲れました~☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚


人気ブログランキングへおサルさんの上をクリックして応援してくださいね♪

チョコとバゲットとおばあちゃん

昨日チョコレート売りの少年がチョコレートを持ってきてくれました。

BlogPaint

旦那と息子がダークチョコレートしか食べないのでダークチョコレートの詰め合わせです。下にもう一段あってお値段は12.40ユーロ(1500円くらい)でした。

外装はこんな感じです。

BlogPaint

早速旦那と息子が味見をして、
「おいしい~♪」と言っておりました。

BlogPaint

バレンタインデーに日本でフランスのチョコレートが一粒380円なんて高い値段で販売されていたりしますが、一部の製造者では夏に製造したチョコレートを船便で出荷しています。8月に製造されたチョコレートでも2月に美味しいのでしょうかね。。。

さて昨日お隣のおばあちゃんが再び入院されたと聞き、おじいちゃんを今日の夕食に招待しました。

急なことだったのでパンが足りないことに気づきましたが、日曜日なのでパン屋さんは午前中で閉まっています。

思いついたのが20km離れた町にあったパンの自動販売機です。息子の運転でちゃっと行ってきました。

BlogPaint

おつりが出てくるかどうかは何も書いていなかったので、とりあえずきっちりと1ユーロ5セントを入れました。

BlogPaint

ということで無事にバゲット(パン)を手に入れたのでした。

私と息子がバゲットを買いに行っているとき旦那のほうは、おじいちゃんを連れておばあちゃんの病院に行っていました。そしておばあちゃんに「歯ブラシが無い。」「隣のおばあちゃんの咳がうるさくて眠れないから耳栓を持ってきて。」と言われ家と病院を二往復していたのでした。


人気ブログランキングへおサルさんの上をクリックして応援して下さったら嬉しいです♪
Twitter プロフィール
フランスの雨が多いブルターニュ地方に住んでいます。ボーっとしたフランス人の旦那と倍速で動く息子と猫5匹、畑のど真ん中からつぶやきます。
プロフィール

ミネット

記事検索
ギャラリー
  • ブログ更新しました~。
  • ブログ更新しました~。
  • 今年の薪は夫婦で 後編
  • 今年の薪は夫婦で 後編
  • 今年の薪は夫婦で 後編
  • 今年の薪は夫婦で 後編
  • 今年の薪は夫婦で 後編
  • 今年の薪は夫婦で 後編
  • 今年の薪は夫婦で 後編
読者登録
LINE読者登録QRコード
メッセージ

名前
メール
本文
  • ライブドアブログ