ソワレが要らないフランス暮らし

フランスに行くのならソワレ(イブニングドレス)が必要? いえいえ、ここは長靴がいるんですよ。。。ぼーっとしたフランス人の旦那と倍速で動く息子と可愛いにゃんこ達との日常。

2016年10月

早よ、出しなはれ。

胃腸がことのほか丈夫な息子なのに現在お腹を壊しています。

キブロンで食事をした次の日から「お腹が痛い。」と言っていましたが、食べる量はいつもとかわらないので全く気にしていませんでした。

今日は競技自転車のライセンス更新のために、ジェネラリスト(かかりつけのお医者さん)に健康診断書にサインをしてもらいに行きました。

ついでにお腹を壊している話をしたら、今、サルモネラ菌による下痢が流行っているから検査を受けたほうがいいと言われました。

「下痢が4日も続いて熱がある時は(熱があるとは知りませんでした~。)注意したほうがいいですよ。」と言われ、お隣の研究所に採血と採尿に行きました。

さて、ウン○も採らないといけないのですが、こちらはすぐには無理ということで、こんなものを持って帰ってきました。

BlogPaint

「あの~明日祭日ですよね?いつ採取したらいいのでしょうか?」と聞いたら、
「今日のウン○の方がいいので、今日採取して、冷蔵庫に入れて明後日持ってきてください。」と研究所の受付で言われました。。。ノ( ̄0 ̄;)\オー!!ノー!!!!

とにかく今日は夜の6時まで開いているということで、昼食をいっぱいとらせ、
「早よ、出して~。」とさっきからせっついているのです。。。

「スプーン洗ってまた使えるね~。」と息子がのたまっています。。。。
(あなたが使いなさい。)

私達の運命やいかに。。。

人気ブログランキングへどくろの上をクリックして応援して下さいね♪

サマータイム終了

さて今日は10月最後の日曜日ということで、夜中の3時に時計を2時にして夏時間の終了となりました。日本との時差は7時間から8時間にかわりました。

次に夏時間にかわるのは2017年3月26日(日曜日)です。

なんだか一時間得をしたような気分で、珍しく家事に力が入ります。(といっても洗濯)

BlogPaint

毛がつくからやめてと言うのに息子が、

BlogPaint

と、なでて甘やかします。。。

庭には、

BlogPaint

(マッシュルームかどうか誰で試そうか。。。けっけっけ。)

フランスは自分達でキノコ類を採ったとき、食べれるかどうかを判断してもらう為に薬局に持って行きます。旦那に「薬局の人、間違えへんのかな~。」と言うと、「間違わないさ。」と言いましたが、たとえ間違っても「あら、間違えちゃった。」で済まされそうで怖いです。。。500g200円くらいで買えるのにマッシュルームに命をかけるわけにはいきませんねぇ~。

BlogPaint

そうそう、桜の花が咲いています。

BlogPaint

夏時間から冬時間になって困るのは猫ちゃん達のご飯タイムです。

最近は4時に夕食をあげていたのですが、当然今日は3時にはご飯を食べると大騒ぎです。普通に考えると、冬時間から夏時間にかわるときにもとに戻るからいいと思うのですが、どうしたわけか、夏時間にかわってもご飯の時間は4時にはならず3時のままなのです。そして次の冬時間がくると2時になってしまうのです。最初の頃の夕食は6時頃だったんですよ。。。

それは息子も同様で、もともと1時間も前から「お腹空いた。」とギャーギャーうるさいので、今日は5時(昨日の6時)から騒いでおりました。そして彼も冬時間から夏時間にかわった時は、普通に時間通りに食べるのです。

BlogPaint


人気ブログランキングへかぼちゃの上をクリックして応援してね♪

キブロン (おまけ)

キブロンはイワシ漁で有名で、19世紀にイワシの缶詰製造の主要港となりました。

BlogPaint

特にフランス全土に名前を轟かせているのが、創業1932年の la belle iloise(ラ ベル イロワーズ)で、本社がキブロンにあります。

BlogPaint

イワシ、まぐろ、サバの缶詰、そしてお魚のスープ、オマールのビスク(ポタージュ)を製造しています。到着した時に丁度、工場見学ツアーが始まるところでしたが、時間も無いのでお店だけのぞいて帰りました。

BlogPaint

ずらっと並ぶ缶詰は「トマト味」「カレーとアーモンド味」「西洋からし味」「唐辛子味」「白ワインと香草風味」「オリーブオイル漬け」。。。。と、かなり日本とは違いますね。

BlogPaint

フランス人は食前酒(アペリティフ)を飲む時のお供にお魚の缶詰をパン(バゲット)につけて食べます。

私はお魚が苦手ですが、お魚のスープは大好きなんです。缶詰は濃縮されているのでお水か牛乳を缶詰の半分量まで足して温めます。(お魚はすりつぶされていて、形とかは全くありません。)

そして各自のお皿に入れてから、ルイユとクルトンとエメンタルチーズを入れて食べます。(私達はね。)

BlogPaint

ルイユはパプリカとか、チリパウダーとか、ニンニクとか。。。入っていますが詳しくは知りません。(o^∇^o)ノ かなり辛いです。

夜に食べるつもりで買いましたが、昼食が重くて、息子でさえ夕食はたべませんでした。
(一食浮きました~?!)

往復ずっと息子の運転で、私は助手席でいつものように眠りこけ、旦那もお昼にワインを飲んだので後ろの席で眠って帰りました。(寝ても助手席は譲らない!)

たまにはこんな一日もいいですね。(あ~、息子が秋休み中の宿題を隠していませんように。。。)


人気ブログランキングへ葡萄の上をクリックして応援して下さいね♪

キブロン 大西洋側

さて、昼食後はキブロンの大西洋側の海岸へと行きました。

BlogPaint

上の写真を撮りながら、小学生の時に東尋坊に行ったことを思い出しました。母が「危ないよ~。あんまりそっち行かんときなさーい。」と言っていたなぁ。。。と。きっと今はこの写真を見ながら「危ないわぁ~。」と言っていることでしょう。( ̄ー ̄)ニヤリッ

BlogPaint

ここにもレアポケモンでるのかしら~?

BlogPaint

どんどん端まで進む旦那。

BlogPaint

私はさすがに年を考えて自粛。(ほっとした?お母さん!)
しかし、次の瞬間に、

BlogPaint

まさに「○○と煙は高いところにのぼる」という証明。。。ヾ(=^▽^=)ノ

犬を連れて来ている人も多く、犬は危ない岩場を元気良く駆け回っていました。(落ちたりしないのかしら。。。)

BlogPaint

BlogPaint

湾側と大西洋側では海岸も随分姿が違うものですね。

ということで私達は日帰り旅行を終えて、愛しの猫ちゃん達が待つお家へと戻りました。


人気ブログランキングへ葡萄の上をクリックして応援して下さいね♪

キブロンで昼食

カルナックから車を30分ほど走らせてキブロンに着きました。

BlogPaint

私は出来るだけ色んなところを観光したいタイプですが、旦那は「旅の楽しみは食」の人なので、お昼にあまり時間もお金もかけたくない私とレストランの意見が合いません。

そしてガレットが食べたい息子と牡蠣を食べたい旦那なので、両方を満たすレストランとなると中途半端なところになることが多いです。

さてそんなレストランに入り、食事です。

BlogPaint

BlogPaint

BlogPaint

メインとして息子は2枚目のガレットを注文し、私達は今朝獲ったというタラを注文。

BlogPaint

デザートはどちらもブルターニュの伝統的なお菓子で、

BlogPaint

そしてバターが「これでもかっ」というくらいに入っている

BlogPaint

クーニャマンと発音しますが、ウイキペディアにはクイニーアマンと調べると出てきますよ。
上にかかっているソースは塩キャラメルです。

お味のほうはシンプルでしたが、おいしかったです。キブロンはイワシ漁で有名なんですが、「今日はイワシがあがらなかったんですよ。。。」と店の人が言っていました。

レストランの前にはワンちゃん用のお水が置いてありました。

BlogPaint

こんな気遣い嬉しいですね~。

レストランからはテーブルに敷いてあった紙を(息子にギョッとされながら)持って帰りました。

BlogPaint

11世紀まで島だったということで、本土とはたった一本の道路と鉄道でつながっています。(ただし現在鉄道は夏の間観光客の為だけに走っています。)

湾に面した海岸(地図の右側)は、砂浜が続き夏には海水浴を楽しむ人達であふれかえるそうです。

BlogPaint

キブロンもカルナックで見たメンヒルやドルメンなどの巨石遺跡があちこちに見られます。

私達は大西洋側の荒い岩が連なる海岸へと車をすすめました。
では続きは後ほど。。。


人気ブログランキングへブドウの上をクリックして応援して下さいね♪
Twitter プロフィール
フランスの雨が多いブルターニュ地方に住んでいます。ボーっとしたフランス人の旦那と倍速で動く息子と猫5匹、畑のど真ん中からつぶやきます。
プロフィール

ミネット

記事検索
ギャラリー
  • ブログ更新しました~。
  • ブログ更新しました~。
  • 今年の薪は夫婦で 後編
  • 今年の薪は夫婦で 後編
  • 今年の薪は夫婦で 後編
  • 今年の薪は夫婦で 後編
  • 今年の薪は夫婦で 後編
  • 今年の薪は夫婦で 後編
  • 今年の薪は夫婦で 後編
読者登録
LINE読者登録QRコード
メッセージ

名前
メール
本文
  • ライブドアブログ