ソワレが要らないフランス暮らし

フランスに行くのならソワレ(イブニングドレス)が必要? いえいえ、ここは長靴がいるんですよ。。。ぼーっとしたフランス人の旦那と倍速で動く息子と可愛いにゃんこ達との日常。

2016年07月

あこがれの台詞?

私が住んでいるところは未だに日本人に会うのが初めてだという人たちがいます。

初めて会う日本人が私で申し訳ないな。。。と日本人の皆様に対しても思います。
日本食など食べたことが無い人たちに、この私が、お寿司を披露したりもするのです。

お寿司を作ると必ずご近所のおじいちゃんとおばあちゃんに届けます。80歳を過ぎて初めてお寿司を体験されたおじいちゃん達は、今ではすっかりお寿司ファンなのです。
食べ方はいたって自由で、ナイフとフォークでお寿司を切り刻まれます。おじいちゃんなんかは、お寿司をドップ~ンと味噌汁につけて食べられます。Σヾ( ̄0 ̄;ノ
最初、横目でその光景を見たときはギョッと驚きましたが、そもそも私の日本食も怪しいので、そっちのほうが美味しいと思われるのならそれもありだと思っています。ヾ(=^▽^=)ノ

昨年のことなのですが、家から車で15分程の町にあるアンティーク店に行ったときのことです。古いお皿が素敵だったので手にとって見ていました。
すると、一人のおじいさんが近くに来られ、きれいだね。」と言われました。
「ええ、きれいですね。」と答えたら、
「いや、お皿じゃなくて、君のことだよ。」と言うのです。
どこの国から来たの?」
「日本です。」

さすが、愛の国フランス(あれ?イタリアでしたっけ?)、おじいさん、やっと歩いているのに口は達者で「日本人を見たのは初めてだ。本当に美しい。どうしたらいつも君にあえるの?今、どこに住んでいるの?」と迫ってこられます。

うわぁ、まさかのあこがれの(!?)台詞を今、あなたに使うことになろうとは。。。

BlogPaint


人気ブログランキングへポチッとクリックして応援お願いします。

ビフォアー、アフター?

植物のお世話は旦那の楽しみです。

フランスでは園芸が得意な人を直訳すると「緑(植物)の手を持っている人。」となります。そこまでの評価は与えられませんが(^∀^)私が猫に愛情を注ぐのと同じくらいの愛情を植物に注いでいます。

ゼラニウムは秋の終わり、霜が降る前に家に入れて冬を越させます。そして冬を越せなかった分のゼラニウムを春に買い足して植えます。

BlogPaint

BlogPaint

BlogPaint

BlogPaint

BlogPaint

BlogPaint

BlogPaint

BlogPaint

BlogPaint

私は何をしているかですって?
「まぁ~きれい。」という褒め係りです。あと応援と記録係り。

BlogPaint


人気ブログランキングへポチッとクリックして応援お願いいたします。

布団の代わりに。。。

2週間程前にやっと暑くなり、冬布団を片付けてタオルケットを出しました。

しかしながら、ここ数日は肌寒く、もう一度布団を出そうかと思いながらいました。
今朝、鼻をぐすぐすさせながら起きて来た息子に、
「寒かった?」と言ったら、
「うん。そやし、雪ちゃん探して一緒に寝てん。」「あったかかったわ~。」と言うので、
「ほんま、猫と寝るとあったかくて幸せになるよね~。」と言いました。すると
「うん。でも、めっちゃ重たかったねん。。。」と言いました。雪ちゃんは6kgs級の猫です。

息子よ、猫の代わりに布団を探しなさい!!

BlogPaint


人気ブログランキングへポチッとクリックして応援お願いします。

ツールドフランスを見にパリへ。

一泊二日で久しぶりにパリに行ってきました。

フランスとその周辺の国を走る自転車のプロロードレース、ツールドフランスの最終日のシャンゼリゼゴールを見にいったのです。

BlogPaint

最後の3周くらいは平均時速が51km/hくらいになっていたので、私には視力検査のように誰が誰やらさっぱりわかりませんでしたが、息子と隣の誰かが興奮して選手の名前を叫んでいたので、見る人が見ればわかるのでしょうね。

私の楽しみは選手達が到着する1時間ほど前に走るスポンサーの宣伝カーです。

BlogPaint

BlogPaint

BlogPaint

BlogPaint

BlogPaint

BlogPaint

このキャラバンカーと言われる宣伝カーは、選手達が走る1時間前くらいに街を通過して道路わきにいる人たちに小さなプレゼントを投げてくれます。
あめ、洗剤、帽子、お買い物袋、ソーセージ、小さなおもちゃ、雑誌。。。。。

シャンゼリゼだけは混乱を防ぐ為にプレゼントは投げてくれません。その代わりに、スポンサーの大型のトラック達がクラクションを鳴らし蛇行運転します。ただ、今年はニースの花火大会のことがあったので正直トラックの蛇行運転は怖いと感じてしまいました。

BlogPaint

そんな話をしたら旦那が、「この日、フランスで一番安全だったのはシャンゼリゼだよ。」と言いました。確かにすごい警備でした。

シャンゼリゼには2時くらいに着いたのですが、予定していたメトロの駅が安全の為に閉鎖されていて、次の駅まで行って遠くから歩き、更に自分達のブースまで行くのに、進むたびに設けられた長い列をなすゲートを三度並び、三度とも荷物検査を受けました。検査の済んだ荷物には全てタッグをつけられ、身体のほうは金属探知機を当てられました。

ですので、席に着けたのは3時30分くらいでした。各ブースには警察官が数人と警備員が数人配置されていました。この厳戒態勢でも事前キャンセルをした人が多かったのか、空席がかなり目立っていました。

熱狂したレースが終わり、選手達が無事ゴールに入ったあとは、息子と一緒に選手達が乗って帰るバスが止まっているところに移動しました。

BlogPaint

息子のお目当ては選手達が水分補給で使うウオーターボトルで、各チームのトラックや車をまわって、自分の自転車のライセンスを見せて頼んでいました。

その間、わたしは大きな画面で表彰式の様子を見ていました。

BlogPaint

「僕、なんて英語うまい~。」とニコニコして私のところに戻ってきた息子は、ボトル10本とTシャツ3枚もらってきていました。「なんて言うたん?」と聞くと、「アイ アム ア フレンチ サイクリスト」と言ったとか。。。まっええか。。。。。(o^∇^o)ノ


人気ブログランキングへポチッとクリック応援お願いします。

大きなイチジクはどこにある?

5年前に植えたイチジクの木に昨年から実がなりだしました。

昨年は数が少なく、ほとんどが私のお腹に入ったわけですが、今年は家族みんなで頂くのに問題がなさそうです。

BlogPaint

さて、我が家の旦那さんですが、ある時庭から嬉しそうに帰ってきて、
「僕、大きなイチジクを見つけたんだ。でも君には内緒だよ。」と言いました。続けて、
「君には見つけられないところにあるんだ。イチジクが折れないように紐で結んであるところを結びなおしている時に見つけたんだ。今のうちに名前を書いておかなくっちゃ。」と言うのです。

旦那さん、あなたは小学生の男の子でしょうか?これはやっぱり私に見つけて欲しいわけですよね?そんなヒントまで頂いては見つけないわけにはいきません。

ちょっと探してみたのですが、見当たりません。そのうち忘れてしまいました。

そして、また、今日、
「僕、大きなイチジクを見つけたんだよ。君には見つけられないところだよ。」とニヤニヤ笑いながら言うので、
「あら、わたしも見つけたのよ。ねぇ、わたしの見つけたイチジクと、あなたが見つけたイチジクが一緒かどうか見てみない?」と言うと、旦那は
「あぁ、そうだね。じゃあ、一緒に見てみよう。」と庭に出ました。(しめしめ)
「まずは、あなたからどうぞ。」と言うと、はっと気づいたようで(チッ)
「君からだよ。」と言いました。

では、作戦変更です。
"紐で結んであるところを結びなおしている時に見つけたんだ"という素敵なヒントをもとに見当をつけて、イチジクの木の下に潜り込みました。旦那も一緒に見ています。
その瞬間振り返り、私は彼の視線の先を追いました。

BlogPaint

いや~旦那とも遊んであげないといけないし困っちゃうな~。
さぁ、あとは悪いサル(息子)に見つからないようにしなくっちゃ。。。
しかし、未だに吉本新喜劇なみの作戦に引っ掛かるとは旦那も甘いな~。


人気ブログランキングへポチッとクリック応援お願いします。
Twitter プロフィール
フランスの雨が多いブルターニュ地方に住んでいます。ボーっとしたフランス人の旦那と倍速で動く息子と猫5匹、畑のど真ん中からつぶやきます。
プロフィール

ミネット

記事検索
ギャラリー
  • ブログ更新しました~。
  • ブログ更新しました~。
  • 今年の薪は夫婦で 後編
  • 今年の薪は夫婦で 後編
  • 今年の薪は夫婦で 後編
  • 今年の薪は夫婦で 後編
  • 今年の薪は夫婦で 後編
  • 今年の薪は夫婦で 後編
  • 今年の薪は夫婦で 後編
読者登録
LINE読者登録QRコード
メッセージ

名前
メール
本文
  • ライブドアブログ