システムキッチンにしたいな その1」「その2」「その3」「その4」「その5」「その6」「その7」「その8」より続きます(ふへぇ~)。

さて本日はシュミットさんの見取り図から行きましょう。はい、ど~ん!

BlogPaint

担当者のお姉ちゃんは実際に我が家を見ていますので、壁の色も合っています。さぁ、皆さん色んなことに気が付かれたと思います。

BlogPaint

では私と一緒に突っ込んで行きましょう。

「オーブンが下にあるんですね?」「えぇ、収納を多くしたかったので」
「電子レンジはどこに?」「これだけの作業台がありますので上に置いては如何でしょうか?」「全部ガスになったんですか?」「これは変更できます。電気とガス半々にしますと電気のアンペアを上げる工事が必要になるかと思い、先ずはガスで見積もりさせて頂きました」

ではここからシュミットさんの世界へいざなわれます( ̄ー ̄)ニヤリ。ご一緒にどうぞ。

BlogPaint

高さを従来の物より6センチ高く、深さを6センチ深く、またイギリス式引き出しをつけることによって収納を大幅にアップすることが出来ます。

BlogPaint

「お客様の家は広いのでこのプランが可能なんです!」

BlogPaint

「大皿をこんな風に並べられるんです!」

BlogPaint

「これがイギリス式引き出しです(日本のマジックの様...)。スペースの無駄遣いをなくすことが出来ます」(これがガス台下の収納引き出しの話)

BlogPaint

「(冷蔵庫横の)収納棚(奥行64.5センチ)の引き出しは前面、側面、ガラス張りです。細かなところなんですが、他社はこれがオプションになっています。引き出しをひいた時に物が落ちることはありません」

BlogPaint

「こういう物はないんでしょうか?」と聞くと「奥様、私はこれが必要だと思ったことは一度もありません」と言いました。

BlogPaint

彼女は自社の高いクオリティの説明をしたあと、彼女が選択した電化製品を彼女の経験を踏まえ細かく説明しました。

BlogPaint

ここで私は「換気扇」について質問しました。「この換気扇は外に繋がっていますか?」の質問に旦那は「当然だ」と言ったのですが、答えは「繋がっていません」でした。

旧石炭コンロ下のスペースは板で閉めて、そこに長さがある薄型のパワーがある換気扇を付ける方が部屋全体の匂いも取れるとのことでした。

BlogPaint

そして最後に「私はお家にお邪魔した際に、全体の色は白より大理石風のマーブル模様が合うのではないかと思ったんです。こちらの展示室をご覧になってもらえませんか?」と言いました。

見た瞬間、私も旦那も「おぉ、これだ!」と思いました。

BlogPaint

彼女は「古い家の壁の色、壁が真っすぐではないこと、天井の梁、高さのハーモニーを大事にして、尚且つ沢山の収納を考えたプランです。私どもは後からの(これはオプションだという)サプライズはありません。是非私共に任せて下さい」と言いました。

BlogPaint

勿論値段次第なんですよね~。続きます(えっ、また?)。

人気ブログランキングへ金魚の上をクリックして応援して下さればとっても嬉しいです♪シュミットさんは我が家に来てくれての見積もりですから「サプライズはありません」と言ってくれると安心なんですよね。問題は値段です。あとオーブンと電子レンジの位置。さぁ、失楽園の彼も第三の彼もこれから出番があるのでしょうか???